苦痛

狙われる現代人は警戒すべき|転移する癌に打ち勝つ術

喫煙が主な要因

女性

初期症状が少ない

膵臓はあまり知られていない臓器です。この膵臓にできるがんがすい臓がんです。膵臓の役割は、食物の消化を助ける膵液の分泌と血糖値の調節に必要なホルモンの分泌です。膵臓から出る液体は十二指腸で合流します。すい臓がんのうちほとんどは膵管の細胞にできます。特徴的な症状がなく発見が遅れることが多くなっています。進行したときの症状として胃のあたりや背中が重苦しくなったり、おなかの調子が悪くなったり、体重の減少などを引き起すことが多くなっています。しかしこれらの症状が発生したときにはすでにすい臓がんが進行している状態である場合がほとんどなのです。外科手術によって切除できる場合には、切除することによって治療を行います。

転移しやすい癌

膵臓の機能が低下することで血糖値の変化などもあります。血糖値の上昇によって糖尿病などを併発することも少なくありません。そのためすい臓がんだけでなく他の病気に同時に悩まされることも少なくないのです。すい臓がんの進行が進むと切除することが難しくなるため放射線治療などを行いますが、内部に位置する臓器であるため、あまり効果を期待することができません。抗がん剤などを併用しながら治療することになることが一般的です。また、血液が集まりやすい臓器でもあるため、他の臓器への転移もあります。ほど近い場所にある肝臓や肺などに転移し転移癌が進行することも少なくありません。すい臓がんを引き起こす要因として喫煙があります。