先生

狙われる現代人は警戒すべき|転移する癌に打ち勝つ術

発症するリスクを下げる

病棟

肺がんはタバコ、大気汚染、女性ホルモンが影響してるので禁煙、タバコを吸ってる人に近づかない、外出時はマスクを着用、ビタミンcやビタミンE・βカロテンを摂取、女性は大豆イソフラボンやザクロの摂取でリスクを下げることが出来ます。もし肺がんを発症した場合でも早期治療が受けられれば完治することができます。

もっと読む

予防と早期発見が大事

カウンセリング

胃がんは近年、ピロリ菌という細菌への感染の有無が発症率に関係していることが分かってきました。予防のためにはピロリ菌を除菌することが大切です。また、早期発見できれば9割以上は完治できます。バリウム検査や胃カメラ検査を定期的に受け、早期発見に努めましょう。

もっと読む

普通の生活をするために

医者

想定されているもの

癌と診断されると誰でもショックを受けるものです。そして、手術などの治療がうまくいき大丈夫だと思っていても、その後の健診で転移が判明するとそれもとても大きなショックになるものです。癌は手術で全て取り除いたと思っていても医師の目でも確認できない細胞が残っていたり、リンパや血液に乗って細かな癌細胞が移動してしまうことがあります。転移や再発は癌の治療の中では想定されることです。治療を行うときに場所によっては小さなものでも転移が想定されるときは、転移するであろう場所に放射線の照射をしてあらかじめ予防することがあります。癌の転移や再発と聞くととても大きなショックを受けますが、治療にあたる医師たちはそのことを想定し治療をしたり、定期的な健診を勧めていることを知っておくことは必要です。狙われる現代人は警戒すべきだと言えるでしょう。

治療は続ける

癌の再発や転移があっても、早期発見の場合は治療をすることで前のように普通の生活が送れるようになります。治療は大変ですが、しっかりと行う必要があります。しかし、癌の再発や転移を繰り返したり、見つかった時には全身に癌の転移がある時には医師からも治ることは難しいと言われてしまうこともあります。このように言われると自暴自棄になってしまうことがありますが、治療することはないというわけではなく、長い期間をかけて治療をしながら病気と向き合っていく必要があるということです。患者さんが今後の生活をどのようにしていきたいのかなどで治療のやり方は変わってきます。また、長い期間の治療の中で、患者さん本人が自分に合う治療法が分かることもあります。癌の転移が多くあっても良くなる方もいます。諦めずに体と向き合い治療をしていくことはとても大切です。

喫煙が主な要因

女性

すい臓がんは膵臓にできるがんです。消化を助ける膵液の分泌や血糖値のコントロールなどを行っている膵臓にできるがんは、外科手術で切除する以外の方法では治りにくいがんでもあります。転移しやすく肝臓や肺に転移することも少なくありません。

もっと読む